タブレット式でわかりやすいPOSレジ

まずは目を通してみよう

これからご紹介するのは、経営者と深い関わりのあるレジです。今ではタブレット式のPOSレジが多くの経営者から支持を得ているでしょう。しっかりと情報を集め、適したものを選ぶようにしてください。

【PR】
開業するならタブレットレジの導入が最適
低価格で多機能の製品を多数公開

インバウンドの専門セミナーを受けよう
日時の情報要チェック!

薬局の経営ノウハウを勉強しよう
専門のセミナーを定期的に開催

はじめに考えたいこと

レジ

業種や規模を考えて導入しよう

POSレジを導入する際には、まず目的を考えてみましょう。業種によって頻繁に使用する機能もありますし、その逆もあります。大規模な店舗なら機能も充実させる必要があるでしょう。小規模なら必要最低限の機能だけでも大丈夫です。

業種別のオススメをチェック

難しい操作だと店員が覚えられず、顧客も困り果ててしまいます。そんな事態を避ける為にも、とにかく使いやすい機種を見極めて導入しましょう。業種別でオススメされているPOSレジもあります。ランキングサイトなどにも目を通しておきましょう。

経営状況を安定させる為に必要

タブレット端末のPOSレジは、現代人にとって身近なものとなりました。使いやすくて昨日も充実していますが、経営を安定させるにはシステムの運用も重要となるでしょう。また、購入するのかレンタルするのか、それともリース契約で手に入れるのかも考えておくと良いです。

基本情報から集めていこう

メリットを明確に教えてください。

今までと比べて会計がスムーズになるのはもちろん、レンタルやリース契約なら導入費用も削減する事が出来ます。また、販売情報をもとに経営を改善していけるので、どんどん成長していける点もメリットだと言えるでしょう。

具体的な費用はどのくらいですか?

近頃ではipadのPOSレジを取り入れる店舗も増えています。市販のタブレットなら低価格で手に入れられるでしょう。一つのタブレットで月額は1万前後と考えて良いです。安いからといって、機能が下がるわけではありません。

レジの種類は一つだけですか?

いいえ。とくに注目を浴びているのはタブレット式ですが、もともとは専用機があります。専用機はターミナルPOSとも呼ばれています。それからパソコンPOSもあるので、導入しやすいものを選ぶと良いでしょう。

本体だけの導入ですぐに使えるんですか?

レジ本体だけでなく、レシートプリンターを始めとする周辺機器も揃えましょう。また、キャッシュドロアも欠かせません。周辺機器に関してもレンタルやリース契約が可能なので、色々と試してみて使い勝手の良さを実感してみると良いです。

結局どれが一番オススメですか?

クラウド連携を希望しているのであれば、やはりタブレット端末を選ぶのが無難です。リアルタイムの販売情報が反映されますし、分析や傾向なども難なく行えるでしょう。コストパフォーマンスが高いところにも注目です。