POSレジのデータをもとにタブレットで経営戦略

レジだけでも未来は大きく変わる

販売情報は過去の分までしっかり残っているので、1年前と比べての売上を把握する事が可能です。なかなか売れない商品が売れるように広告を出してみるのも良いでしょう。導入すれば日本の未来は明るいものとなります。

導入すれば良い事だらけです

イメージをガラリと変えた

昔はよく使用されていたキャッシュレジスターですが、これはサイズが大きくて重いものでした。また、ボタンが沢山あり、中には使わないボタンも含まれていたので初心者には操作が難しいとされていました。そのイメージを払拭したのがPOSレジです。

セルフで会計が出来る素晴らしさ

POSレジを導入する事で、計算待ちの顧客は減る傾向にあります。セルフでも出来るようになったので、店員を雇う経費を削減する事にも繋がります。現金はもちろん、クレジットカードや電子マネーでの支払いも叶えてくれました。

やり取りをスムーズにさせる

現金を持っていなくても買い物が出来るという事もあり、導入を始めた店舗のイメージは確実に良いものとなるでしょう。人と人が金銭のやり取りをするのは意外と時間がかかります。人と機械ならスムーズに事が運ぶのです。

優秀なスタッフを育成

全てがセルフレジという店舗も少なくありません。顧客が困った際に手助けが出来るように店員を配置すると安心です。スタッフ達の教育にも力を入れる必要があるでしょう。

マイナスではなくプラスに持っていく

業務の効率化を図る為に誕生したPOSレジですので、導入する事で余計に手間がかかるなんて事態は避けたいものです。確かに時間の有効活用が出来ますが、店員は何もしなくて良いというわけではないので認識を間違わないようにしましょう。

売上アップに繋げるチャンス

メンズ

一昔前と比較すると使い勝手は抜群

レジを略さずに言うと、キャッシュレジスターという名称になります。発祥はアメリカであり、日本ではレジと呼ばれる事が多いです。一昔前まではしっかりとボタンを押す感覚がありましたが、最近ではタブレットに指を滑らせるだけのPOSレジが多く導入されています。

登録された販売情報は貴重

クラウド連携がされたタブレットなので、顧客と金銭のやり取りを行った際には全て販売情報が自動で登録される仕組みとなっています。金額はもちろん、何がどれだけ売れたのかまでタブレットだけで把握する事が出来るでしょう。

データを分析して販売戦略を練ろう

登録された販売情報から、今後の経営戦略を導き出しやすくなるでしょう。タブレットに集約されたデータを分析し、人気商品がわかれば多めに発注する事も出来ます。逆に、売れない商品も見つけやすくなるはずです。