タブレットが魅力のPOSレジはとにかく優秀

個人の好きなようにカスタマイズ

店員

個人が使いやすいようにボタンを配置

高機能でありながら使いやすいと評判なのが、POSレジです。タブレット端末という事もあり、例えレジ経験があっても不安に思う人は少なくないのではないでしょうか。今までとは違い、ボタンの配置を変える事が出来ます。担当によって、使いやすい位置に変更すれば更に使いやすくなるでしょう。

カスタマイズで画面をもう一つ付ける

店員がタップするタブレット以外にも、画面をもう一つ付けられるのがPOSレジの魅力とも言えます。これはカスタマディスプレイと呼ばれ、新商品の紹介やイベントの告知などが出来たりします。顧客の目に必ず留まる位置に配置する事が可能なので、広告効果に期待出来るでしょう。

金額を数えたら画面に打ち込むだけ

POSレジだけに言える事ではありませんが、閉店後にレジ締めを行う必要があります。その日の売上を計算するものであり、慣れていないと上手くいかない事もあるでしょう。手書きで管理するのが一般的でしたが、POSレジの場合、タブレットに金額を打ち込むだけです。金額さえ数え間違わなければ、タブレットでも問題なく進められるはずです。

導入から評価を得るまでの流れ

期待のレジをいざ取り入れよう

リース契約が終了すると共に、別の業者からPOSレジの導入をする店舗は多いです。一口にPOSレジと言っても、幾つか種類があります。同じタブレット端末でも、使い勝手は異なるでしょう。導入する際には、担当員から操作の説明を受けます。

離れた場所でも売上金を確認

全てをWEB上で管理する事が出来るという点もあり、店舗にいなくても売上を確認する事が出来ます。店員によっては常に店内に留まれないので、離れたところでもこうして確認できるのは高評価となっています。

時間短縮に繋げよう

レジ締めではタブレットに打ち込んだ数字を確認し、問題なければ印刷をするだけで完了です。手書きの場合、長ければ30分以上の時間をかけてしまう人もいるので、手間を大幅に省けた事で時間を有効に使えるようになりました。

セールもイベントも大盛況させたい

画面をプラスし、広告として使う事で売上アップに繋げられたとの声も寄せられています。業界によってはセールやイベントを多く行っているはずなので、顧客を集めるにはまず宣伝をしなくてはなりません。

画面を賢く利用していこう

普段はパソコンやタブレットを使用しない人でも、レジを通す際に画面があれば必然的に目に入るでしょう。広告は賢く利用していかなくてはなりません。子供からお年寄りまで、幅広くアピールする事が出来るのです。広告画面をカスタマイズしておけば損する事はないと言えるでしょう。